cost

「人生最大の買い物」と言われる住宅の購入。数千万円単位の一戸建てやマンションを自分のお金だけで購入できる人はごくわずかです。 そこで、多くの人が利用するのが「住宅ローン」です。
今のような低金利が続いている時代は、賢く住宅ローンを組み入れる事によって諦めかけていた夢の実現を現実のものにするチャンスなのかもしれません。
自分に合った金利タイプのローンの中で、一番金利が低いものが有利ですが、住宅ローンを組む場合には返済期間や返済方法も視野に入れ、 シミュレーションをしておくと良いでしょう。
住宅ローンを組むうえで最大のポイントは「無理なく返済していけるか」です。

事前審査

事前審査

本審査

本審査

返済比率

返済比率

勤続年数

勤続年数

勤務先雇用形態

勤務先雇用形態

cost

諸費用の相場は、新築マンションなら物件価格の3%~5%、新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンションなら物件価格の6%~10%といわれています。 5000万円の新築マンションで150万円~250万円、中古物件で300万円~500万円です。金融機関によっては100%住宅ローン融資できる場合もあります。
諸費用も一部ローンに組み込んで融資を受ける事が可能の場合もありますので、ご自分がいくらまでのローン融資が受けられるのか、住宅購入の予定のある方は一度試算をされてみてはいかがでしょうか。

「諸費用」って具体的に何?

「諸」と書いてあることからも分かるように、諸経費は「もろもろの」経費です。どんな「もろもろ」があるのでしょうか。それぞれの種類に該当する項目を一覧にしてみました。金額がイメージできるよう目安も載せています。

諸経費の内訳

個別にはたくさんありますが、大きく分けると以下の4種類です。
  • 住宅ローン関係費用
  • 登記関係費用
  • 税金関係
  • その他(マンションの修繕積立基金など)

住宅ローン関係費用

住宅ローン事務手数料 メガバンクは32,400円、ネット銀行は借入額の2%程度
住宅ローン保証料 借入額1,000万円あたり20~30万円
団体信用生命保険料 フラット35は年間10万円程度、銀行などは無料
火災保険料 年間1~2万円
つなぎ融資の手数料・利息 借入金の2%程度

住宅ローンは金利手数料だけでなく、事務手数料や保証料が必要です。特に保証料が高くつき、1,000万円あたり30万円なら、3,000万円で90万円です。
団体信用生命保険はローンを借りている人が万が一の時に後の返済を免除される保険ですが、フラット35以外の多くの銀行では住宅ローン金利に保険料が含まれているので別途払う必要はありません。

登記関係費用

登録免許税
(抵当権設定)
借りたお金の0.4%
登録免許税
(建物の所有権移転)
建物の評価額の2%
登録免許税
(土地の所有権移転)
土地の評価額の1.5%
司法書士への報酬 10~15万円程度

「登記」とは、土地や建物を購入する際、国で管理する帳簿に記載してもらう手続きのことです。
住宅ローンを借りる時にも登記は必要です。非常に分かりにくく専門的なのため、司法書士にお願いすることが一般的です。そのための報酬や税金がかかることになります。

税金関係

印紙税(売買契約時) 契約金額が1,000万円超5,000万円以下なら1万円。
印紙税(住宅ローン申込時) 契約金額が1,000万円超5,000万円以下なら2万円。
固定資産税および都市計画税 評価額の1.4%
不動産取得税 評価額の4%

登記以外の税金としてはまず印紙税。何らかの契約が成立した時に発生する税金で、契約書に貼りつける切手のような印紙を買う必要があります。
そして固定資産税と不動産取得税。不動産取得税は1回だけ、固定資産税は保有している限り毎年かかります。ちなみに消費税は諸費用に含まないのが一般的です。

その他費用

マンションの修繕積立基金 30万円~100万円(管理組合による)
水道負担金(建売など) 10~50万円(自治体による)
中古物件の仲介手数料 (物件価額×3%+6万円)× 1.08(消費税)

追加で想定しておくべき費用

先ほどの諸費用に加え、忘れられがちな費用が引っ越し代、家具代、リフォーム代です。引っ越し代は仮住まい費用を含むこともあります。 新しい生活に合わせて、家具を慎重される場合も多いです。中古物件は水回りなどリフォーム代の予算は必ず見積もっておきたいところ。 諸経費の相場は住宅本体の価格の3%~10%ではありますが、新生活を始めるための費用を加えると、10%~15%は見積もっておいた方が良いのではないでしょうか。

実際にどのくらいかかるのか

ケース例:新築一戸建て

  • 【物件価格】3,500万円
  • 【頭金】200万円
  • 【住宅ローン】3,300万円をフラット35で35年返済

住宅ローン関係費用

印紙税 20,000円
登録免許税 33,000円
登記手数料 60,000円
融資手数料 0円
ローン保証料 0円
団体信用生命保険料 119,000円
火災保険料 939,030円

税金・登記費用

印紙税 15,000円
不動産取得税 0円
仲介手数料 1,198,800円
登録免許税 136,000円
登記手数料 160,000円

その他

水道加入費 300,000円

合計 2,980,830円
(物件価格の8.5%)

※ 上記諸費用は概算です。
購入する物件の規模、ご収入に対する借入金額の割合や利用する金融機関の審査状況によって異なります。 「我が家の場合はどうなるの?」そんな疑問・質問はお気軽にご相談ください。